1人の時間に「最高のひととき」を


-

オヒトリサマ

は、

既婚も独身も2時間以内で楽しめる、1人の充実した時間と、お食事やおでかけ情報まとめサイト

-
Follow Us
2017.2.18

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆

東京都
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆#1
出典:Instagram

東京というと、アスファルトとコンクリートばかり…というイメージがありますが、実は意外なほどに緑豊かな公園も多くある街です。

23区内であっても、「ここが東京なの?」と思うほどに静かで、豊かな自然ときれいな空気に、ホッとひと息つけるスポットもたくさんあります。

今回、紹介する穴場スポットはどこもオヒトリサマ向き。

仕事帰りに、休日の空き時間に、街の喧騒を離れて、一人でたっぷりと癒されてみませんか?



水の流れに癒される穴場スポット、等々力渓谷

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆#2
出典:Pinterest

若者の街・渋谷から電車で20分、すぐ上を交通量の多い環八や目黒通りが通っているという環境からは、信じられないほど自然豊かなスポットが等々力渓谷公園です。

渓谷を流れている谷沢川沿いに遊歩道も完備され、中にはノスタルジックな趣の甘味茶屋もありますので、休憩場所にも困りません。

四季折々の自然の風物、木や花はもちろん、川沿いを歩いていると、沢蟹に出会うことも!

23区唯一の渓谷は、周りの喧騒がうそのように静かで、とても癒されるスポットです。

等々力渓谷
・場所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37~38
・電話番号:03-3704-4972(玉川公園管理事務所)
・営業時間:24時間
・オヒトリサマ料金:入場無料


野鳥の声に癒される穴場スポット、明治神宮御苑

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆#3
出典:Instagram

正月の初詣では、鳥居の外まで行列ができてしまうほどの人気スポット・明治神宮ですが、そのなかにある御苑は、意外と静かに楽しめる穴場スポット。

中央の南池では、様々な水鳥や色とりどりの鯉が見られ、奥の菖蒲田は盛期となる6月には、一面の花に圧倒されます。

菖蒲田の奥にある東屋のベンチで横になれば、風に吹かれた木々の枝葉が鳴る音、降るように聞こえる小鳥のさえずりが、疲れた心をゆっくりと癒してくれることでしょう。

明治神宮御苑
・場所東京都渋谷区代々木神園町1-1(社務所)
・電話番号:03-3379-5511(代表)
・営業時間:3月~10月/9:00~16:30
      11月~2月/9:00~16:00
         6月/8:00~17:00(土・日18:00)
・オヒトリサマ料金:500円


意外な急勾配の丘を堪能する穴場スポット、椿山荘

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆#4
出典:Instagram

神田川沿いに建つホテル椿山荘は、格式の高いサービスとホスピタリティでも有名ですが、その庭園の美しさ、居心地の良さにも注目です。

庭園には意外なほど勾配の急な丘があり、その遊歩道沿いに四季を彩る木や花、数々の史跡などを見ることができます。

また、庭園内には野生の狸が生息していることも知られており、運がよければ愛らしい姿を見かけることができるかもしれません。

ホテル椿山荘
・場所:東京都文京区関口2-10-8
・電話番号:03-3943-1111
・営業時間:庭園内の照明は23時消灯
・オヒトリサマ料金:入場無料


リスと戯れる動物好きの穴場スポット、井の頭自然文化園

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆#5
出典:Instagram

吉祥寺から徒歩10分のところにある井の頭自然文化園は、かつて象のはなこがいたことでも有名な動物園です。

上野ほど混んでおらず、多摩ほど遠くも無いという程よさで、東京西部での隠れた人気スポットとなっています。

園内にある様々な小動物とのふれ合いコーナーが人気で、特に放し飼いされているリスを園内で見られる光景は、動物好きにはたまらないですよ!


井の頭自然文化園
・場所:武蔵野市御殿山1-17-6
・電話番号:0422-46-1100(井の頭自然文化園管理係)
・営業時間:9:30~17:00
・オヒトリサマ料金:大人/400円
        65歳以上/200円
         中学生/150円
       小学生以下/無料


都内で潮の香りが味わえる穴場スポット、葛西臨海公園

ここは絶対に外せない! ヒトリ癒し体験ができる都内の穴場スポット5選☆#6
出典:Instagram

葛西臨海公園というと、大観覧車や水族館を思いうかべる方が多いと思いますが、実は知る人ぞ知る野鳥の楽園です。

春と秋に渡り鳥が訪れる淡水池も壮観ですが、葛西渚橋を渡った先の西なぎさでは、人工的に作られた渚ですが、夏になるとコアジサシの群れが空一面に舞い飛びます。

潮風を受けて渚を散歩していると、そこが東京であることを一瞬忘れるほど開放的な気分に浸れるスポットです。

葛西臨海公園
・場所:江戸川区臨海町六丁目
・電話番号:03-5696-1331(葛西臨海公園サービスセンター)
・営業時間:常時
・オヒトリサマ料金:無料


比較的有名で人の多い場所でも、その中心から一歩離れてみると、意外に落ち着けるスポットがあったりします。

そんな身近なところにある、自分だけの穴場スポットを、これ以外にも探してみるのも楽しいものです☆


【この記事を読んだオヒトリサマへのおすすめ記事】

>>意外と穴場かも? オヒトリサマでご飯をする時に行きたいおすすめ居酒屋5選

>>意外な穴場がたくさんある巣鴨で一人ご飯! ゆっくりコーヒーが楽しめるカフェ4選

>>超絶怒涛の癒やし空間♡ 大阪で空前絶後の動物とのふれあいができる場所3選

O.T.S.K
O=美味しいものを T=食べていれば S=幸せな K=気持ちになれる そんな感じ。
この記事が気に入ったらシェアにご協力ください!
Twitterでオヒトリサマを Facebookで最新情報をチェック

関連記事

家でも学べるオヒトリサマ向けパン作り! 本で学ぶ本気で美味しいパンのコツ

家でも学べるオヒトリサマ向けパン作り! 本で学ぶ本気で美味しいパンのコツ

パン作りなんて難しそう、自分には無理…と諦めていませんか?実は簡単に作れるパンのレシピが載っている本は、とってもたくさん…

2017.3.4
スノーボードやるならすぐ行けるココへ! 東京から日帰りで体験できるおすすめスポット

スノーボードやるならすぐ行けるココへ! 東京から日帰りで体験できるおすすめスポット

ウィンタースポーツでかかせないのが、スノーボード!次の休みにでも、気分転換にスノーボードに行きたい…けれど、今から一緒に…

2017.2.4