1人の時間に「最高のひととき」を


-

オヒトリサマ

は、

既婚も独身も2時間以内で楽しめる、1人の充実した時間と、お食事やおでかけ情報まとめサイト

-
Follow Us
2016.12.11

朝活を自分磨きのチャンスにしよう! お一人様の1日が充実すると話題の朝活とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝活を自分磨きのチャンスにしよう! お一人様の1日が充実すると話題の朝活とは?#1
出典:Pinterest

毎日時間が足りないと感じていませんか?

やりたいことが実現できずに1日が終わってしまうと、気分もすっきりしませんね。

そんな方におすすめなのが、今話題になっている朝活です。

朝活は一人でも気軽に実践でき、取り入れたその日は、1日が充実すること請け合いです。

また朝早起きしてできた時間は、自分磨きにもぴったり。

これまで睡眠に当てていた時間を活動に当てることで、心にも余裕が生まれ、前向きな気持ちになれます。

ぜひ今日から、朝活習慣始めてみましょう!



最近話題の朝活とはどんな意味なの?

朝活を自分磨きのチャンスにしよう! お一人様の1日が充実すると話題の朝活とは?#2
出典:Pinterest

朝活とはずばり、朝の時間を有効活用する活動のこと。

「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、まさにこの内容を実践する活動だと言えます。

昔の人が言っていたことは、現代生活にも通じていると感じさせられる名言ですね。

朝活を始めるための大前提は、朝早起きをすることです。

普段より朝早く起きることで増えた時間を、自分磨きなど、自分のやりたい活動にあてられるのが朝活のメリットなのです。


朝活とはどんなメリットがあるの?

朝活を自分磨きのチャンスにしよう! お一人様の1日が充実すると話題の朝活とは?#3
出典:Pinterest

朝活をするには、当たり前ですが、まず早起きをしなければいけません。

すると、自然に早寝早起きの規則正しい生活習慣が身につくことになります。

朝から活動をはじめ、夜規則正しく眠る習慣は、生活習慣病を遠ざけ、活動的な毎日を過ごす原動力にもなります。

また朝早くから時間を確保できることで、これまで時間が足らなくて実行できなかったことに取り組むことができます。

時間に余裕ができることで、目の前のことだけでなく、自分にとって未来に必要なことに対しての投資をすることもできるのです。

さらに、朝は昼間よりも外が静かなので、集中力を高めるにもおすすめの時間となります。


朝活とは具体的にどんな活動をするの?

朝活を自分磨きのチャンスにしよう! お一人様の1日が充実すると話題の朝活とは?#4
出典:Pinterest

朝活で実行する内容は、人それぞれです。

ただし漫然と早く起きるだけでは、充実した朝活を継続することは難しいでしょう。

はっきりとした目的を決めておくことがおすすめです。

例えば、将来資格をとって収入アップしたい方の場合、資格の勉強に朝活をあてる方法があります。

また、読書で知識を深め、外国語を勉強する自分磨きもあるでしょう。

ダイエットのために、毎朝ウォーキングやランニングで汗を流すのもおすすめの方法です。

さらに、朝の時間帯にスキンケアやマッサージでお肌を磨く習慣にする人もいるでしょう。

このように、朝活でどういった活動をするかは、その人の目的によって異なります。

しかし、毎朝早く目覚め、朝早くから活動することによって、これまでなら実践できなかった新たな自分磨きができるのは言うまでもありませんね!


【この記事を読んだオヒトリサマへのおすすめ記事】

>>オヒトリサマだからこそ楽しい自分磨き! 東京で朝活をするなら読書会がおすすめ☆

>>早起きで女子力アップ! 「朝活手帳」を試してみよう!

>>ストレス発散に効果的! 楽しく汗をかける運動の習慣を身に付けよう!

がんばる子
一人で静かに過ごすのが好き。ネットでさまざまな情報を集めるのが趣味。
この記事が気に入ったらシェアにご協力ください!
Twitterでオヒトリサマを Facebookで最新情報をチェック

関連記事

【もっと体を美しく】顔の歪みや肌荒れ改善に! 今話題の「美容整体」が気になる…

【もっと体を美しく】顔の歪みや肌荒れ改善に! 今話題の「美容整体」が気になる…

気持ち良くリラックスしながらきれいになりたい…、そんなときアナタはどこへ行きますか?アロママッサージや温泉、そして整体な…

2016.12.20
お一人様だからこそはかどる自分磨き! 朝活に英会話を取り入れてデキル女になろう☆

お一人様だからこそはかどる自分磨き! 朝活に英会話を取り入れてデキル女になろう☆

朝活という言葉も、すっかりおなじみとなりましたね♪仕事に趣味と忙しい日々を送るオヒトリサマにとって、朝は自分のために使え…

2017.2.27