1人の時間に「最高のひととき」を


-

オヒトリサマ

は、

既婚も独身も2時間以内で楽しめる、1人の充実した時間と、お食事やおでかけ情報まとめサイト

-
Follow Us
2019.4.6

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!

大分県
このエントリーをはてなブックマークに追加

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#1
出典:食べログ

花より団子…というよりも花も団子も大好きな「さすらいの旅人」氏が、前回に続き、大分県のグルメ特集を公開☆

最終回となる今回は、ラーメンなどの麺にスポットを当ててご紹介!

なかでも、同氏が大分県の中でも最多訪問回数を誇る、絶品蕎麦屋にどうぞご注目ください☆


「さすらいの旅人」氏がおすすめする、九州・大分県の絶品グルメ☆
①永楽庵

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#2
出典:食べログ

JR日豊本線・大分駅から500mくらいの場所に位置する「永楽庵」は、食べログのレビュー数こそ少ないですが、食通が唸るくらいの絶品グルメを提供するお蕎麦屋さん。

何を隠そう、食通の1人である「さすらいの旅人」氏が、大分県の中で最も通っているお店で、ここは何を食べても美味しい優良店。

そんなお店なので、ついつい何を頼むか悩んでしまうところですが、連食することを決めて、まずは「おろしそば」(650円)を注文。

卓上にカボスがあるため、蕎麦湯に塩を少し入れ、カボスを搾り、カボス入りの蕎麦湯を飲みながら待つのも、永楽庵を訪れた時の楽しみ(言わずもがな、無料)。

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#3
出典:食べログ

そうしているうちに、浅めの丼に蕎麦と特製の蕎麦ツユ、トッピングは卵黄・天かす・大根おろし・鰹節・ネギ・海苔と賑やかな布陣で着丼。

細めでコシはさほど強くない蕎麦と、九州らしい少し甘めの蕎麦ツユが絶妙に絡み、相変わらずの間違いない旨さ!

続いて注文した「地どりそば」(600円)は、淡い色のスープに、細めの蕎麦、トッピングはエースの地鶏を中心に、天かす・ネギと蕎麦には珍しいエノキが入っています。

地鶏のダシが出た、透明感のある優しいスープに、これまたほどよいコシの蕎麦との相性抜群☆

蕎麦のダシに地鶏が加わることにより、蕎麦から中華そば寄りに少しシフトしたような、他ではなかなか味わえない一杯に仕上がっています。

いつでも活気に溢れ、味良し・雰囲気良し・接客良しと、3拍子揃った隠れた名店は、覚えておいて損はありませんよ!

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#4
出典:食べログ

◆永楽庵
・場所:大分県大分市府内町1-5-8
・電話番号:097-532-9345

☆このお店のより詳しいレビューを見たい方はコチラから☆


「さすらいの旅人」氏がおすすめする、九州・大分県の絶品グルメ☆
②胡月

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#5
出典:食べログ

JR日豊本線の別府駅と別府大学駅の間にあり、どちらからも距離があるので、車での訪問がおすすめな「胡月」は、1970年創業の別府冷麺専門店。

別府冷麺とは、麺が小麦粉・そば粉・でんぷんを基本とし、スープは魚介をベースとした和風にアレンジされている一品。

元々は、1950年頃に、朝鮮系住民も多かった満州(中国東北部)から引き揚げた料理人が開いた店で提供されており、現在別府冷麺を出す店は別府市内で60〜70店くらい存在。

これらの店は冷麺専門店系と焼肉屋系の2系列に大きく分類され、冷麺専門店系の別府冷麺は、モチモチした太めの麺にキャベツのキムチが添えられています。

冷麺専門店・焼肉屋だけでなく、ラーメン屋や居酒屋でも提供される別府冷麺ですが、なかでも胡月の「冷麺(並盛)」(700円)は、他人に教えたくなるような美味しさが魅力。

白っぽい太麺にクリアなスープで、トッピングは牛肉チャーシュー・ゆで玉子1/4・キャベツキムチ・ネギ・ゴマの不動のラインナップ!

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#6
出典:食べログ

先代の女将が作り上げた味に魅了され、その味を引き継いだ常連客が経営しているこちらでは、麺は門外不出で、注文を受けてから製麺機に生地を入れ、直接釜に落として茹で上げます。

スープは酸味を感じない爽やかな仕上がりで、キャベツキムチの辛さがアクセントに。

コシの強い麺はモチモチで、他の冷麺とは一線を画し、意外にもサラっとしたアッサリスープとの絡みも良好☆

脂身を殆ど感じない牛肉チャーシューは、しっかりした歯応えで、トッピングの中では群を抜いた存在感を示しています。

韓国・朝鮮系の冷麺や盛岡冷麺とも毛並みの異なる別府冷麺を、ぜひご賞味くださいね♪

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#7
出典:食べログ

◆胡月
・場所:大分県別府市石垣東8-1-26
・電話番号:0977-25-2735
・営業時間:月/11:00~16:00
    水~金/11:00~17:30
    土・日/11:00~19:00
※売切次第終了
※定休日:火曜

☆このお店のより詳しいレビューを見たい方はコチラから☆


「さすらいの旅人」氏がおすすめする、九州・大分県の絶品グルメ☆
③トラの夢

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#8
出典:食べログ

大分市の郊外で、最寄りの鶴崎駅からも3km弱と、車での往訪が現実的な「トラの夢」は、食べログにて大分県ラーメン部門で1位に輝いたこともある人気店。
※2019年4月現在は5位

外観のお店の看板には「濃厚生豚骨らーめん」の文字を前面に打ち出していて、屋号が見当たりませんが、よく見ると暖簾とドアの部分に「トラの夢」と記載されています。

2008年創業と、比較的新しいこちらのお店は、大分県のラーメンの中ではかなり濃厚系なラーメンを提供しています。

また、麺の硬さ「粉落とし(3秒)・バリカタ(7秒)・カタ(15秒)・基本(30秒)・ヤワ(1分)・超ユル(2分)」と、スープの濃さ「基本・コテ・ベタ・ドロ」を選択できるのも特徴の1つ。

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#9
出典:食べログ

看板メニューかつシンプルな「ラーメン(カタ・基本・大盛無料)」(600円)を注文すると、麺の茹で時間も短いため、まもなく着丼。

最初にスープを一口食べると、スープの濃さが普通を選んだので、想像より濃厚ではなく、まろやかで甘さを感じられます。

あらかじめ、スープにゴマが入っており、細麺との絡みも良好!

スープは白濁と透明にほどよく分離しているビジュアルとその味は、博多の「赤のれん節ちゃん」を彷彿させる一品。

長時間煮込まれたスープで、旨みを丁寧に抽出している渾身の一杯をぜひ味わってみては?

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#10
出典:食べログ

◆トラの夢
・場所:大分県大分市森633-5
・電話番号:050-5593-7793
・営業時間:11:00~23:30
※定休日:水曜

☆このお店のより詳しいレビューを見たい方はコチラから☆


「さすらいの旅人」氏がおすすめする、九州・大分県の絶品グルメ☆
④宝来軒 本店

知られざる大分の麺文化…蕎麦・ラーメン・冷麺はこのお店で味わうべし!#11
出典:食べログ

JR日豊本線・中津駅の北口を出て、徒歩5分圏内のところにある「宝来軒 本店」は、1958年創業の老舗ラーメン店。

大分県内に店舗展開する宝来軒の本店がこちらで、地元での知名度は高く、中津でラーメン店と言えば、最初に名前が出てくるほどの有名店です。

「ラーメン」(700円)は、豚骨ラーメンの一本勝負で、通常のラーメンのほか、大盛ラーメンは満腹ラーメンの名称で、焼豚・ネギ・高菜・キムチなどをトッピングした一品と、替え玉・おむすびなどのサイドメニューもあります。


出典:食べログ

豚骨の脂を感じるスープに細ストレート麺、トッピングは薄切りの豚バラチャーシュー・青ネギ・海苔・ゴマで構成されたラーメンは、甘みを感じる黄金のスープで、見た目よりアッサリながらも、深い旨みを感じます。

この旨みの秘密は、豚骨のほか、鶏ガラや牛骨など、洋食料理の経験を活かした店主ならではの手法で作られています。

シンプルながら王道を歩む、まさに中津のラーメン店の頂点に君臨する老舗の味は、ラーメン好きなら一度は味わうべき、至高の一杯です♪


出典:食べログ

◆宝来軒 本店
・場所:大分県中津市日ノ出町2
・電話番号:0979-22-3383
・営業時間:11:00~15:00
※定休日:火曜

☆このお店のより詳しいレビューを見たい方はコチラから☆


全5回に渡り紹介した、大分県のグルメの数々、いかがだったでしょうか?

さて、次回は「さすらいの旅人」氏の100回目の記事というメモリアルを迎えます。

同氏が最後の晩餐に選ぶような、そんな至高の店舗をご紹介しますので、乞うご期待!


◆「さすらいの旅人」SNS

ツイッター

食べログ

フェイスブック

インスタグラム


◆「さすらいの旅人」特集


オヒトリサマ編集部
既婚も独身も2時間以内で楽しめる、1人の時間充実とお食事やおでかけ情報をどんどん更新します!
この記事が気に入ったらシェアにご協力ください!
Twitterでオヒトリサマを Facebookで最新情報をチェック

関連記事

寒い日は温かい食事が異常に恋しい…お一人様で行く池袋の絶品ラーメン屋を紹介!

寒い日は温かい食事が異常に恋しい…お一人様で行く池袋の絶品ラーメン屋を紹介!

寒い時期、どうしても体が温まるようなご飯が食べたくなりますよね。湯気が立ち上る絶品ラーメンを食べれば、体も心も温まるこ…

2017.2.3
大盛況激熱イベ開催中☆ お一人様で「大つけ麺博」に行ってみたwithマモニャン♪

大盛況激熱イベ開催中☆ お一人様で「大つけ麺博」に行ってみたwithマモニャン♪

2017年3月30日から町田で開催中の大人気イベント・大つけ麺博。多くのオヒトリサマのメインディッシュと言っても過言ではないラ…

2017.4.3